2020年02月14日

[産経新聞] 【主張】首相のやじと野党 国会の機能不全は論外だ (2020年02月14日)

日本が直面する重要な問題を論じ、法律をつくり、危機を乗り越えていく方策を打ち立てるのが国会の本来の役割であるはずなのに、一向にそうなっていない。

今の国会の機能不全は「論外だ」と難じざるを得ない。与野党と政府に猛省を促したい。

安倍晋三首相が12日の衆院予算委員会で、立憲民主党の辻元清美氏の質疑後、「意味のない質問だ」とやじを飛ばした。

これに猛反発した立民などの野党側は、首相の謝罪がなければ懲罰動議を出すと迫った。動議提出後は審議を拒否する含みだ。

辻元氏は予算委で「桜を見る会」の問題などを追及し、「タイは頭から腐る」と安倍首相を非難して質疑を終えた。

反論の機会も与えられずに罵詈雑言を浴びたと安倍首相は受け止めたのだろう。だが、一国の首相が野党議員の非難に腹を立ててやじを飛ばすのはみっともない。もっとどっしり構え、憲政史上最長の在任となった首相らしい振る舞いを心がけてほしい。

17日に集中審議を設けて安倍首相が釈明することになり、野党側はいったんほこを収めた。その余波で13日の予算委の開催は見送られた。野党による、不毛な茶番劇である。

立民の枝野幸男代表は「民主主義、議院内閣制が破壊される状況だ」と首相を批判した。だが、首相に注意すればすむ話であり、立民には大げさに騒ぎ立てる資格などない。野党第一党として、国会の低迷という危機的状況を招いた大きな責任があるからだ。

新型肺炎が拡大する緊急の事態にあっても、立民は質問時間の多くを「桜を見る会」の方に費やしてきた。立民の安住淳国対委員長は「くず」「論外」「花丸」などの論評を添えた新聞各紙を国会内に張り出し、党内からも批判され、謝罪するはめになった。

国会が今、問うべきは、新型肺炎への日本の取り組みが妥当かどうかである。不十分な点があれば是正を促し、必要なら超党派で立法・予算措置を急ぐことだ。

外交・安全保障問題にもなぜ声をあげないのか。中国軍機は沖縄や台湾周辺で挑発飛行をしている。中国公船は12日連続で尖閣諸島近くの海を徘徊(はいかい)中だ。習近平中国国家主席の国賓来日を認めていいのか。「桜」の連呼より、論じ合うべきことがある。
posted by (-@∀@) at 12:30| Comment(0) | 産経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。