2014年10月19日

[東京新聞] 週のはじめに考える 「足りない活字」が歌う (2014年10月19日)

3・11の被災地とつながりを持とうとする人々が、さまざまな活動をしています。復興もままならぬ中、私たちも何かができると気付かせてくれます。

鉄と魚が、岩手県釜石市を象徴しています。海岸線から直線で約三百五十メートル離れた場所に「藤澤印刷所」(現・フジサワ)はありました。大津波はこの三階建ての建物にも押し寄せ、二階の天井まで水浸しにしました。

三台の印刷機は潮や泥をかぶり台無しです。三階にあった鉛の活字棚も地震で崩れ、六万本以上の活字が床に散らばりました。


◆譲られたひらがなは
----------

「印刷で活字を使う頻度は5%程度でした。見切りをつけて、廃棄しようと思いました」と経営者の藤澤敏さん(64)は語ります。

「倒壊して活字に傷もついていたのです。でも、活版印刷は味わい深いものがあります。活字にはあたたかみがあるのです。捨てるのは断腸の思いでした」

がれき撤去のためにボランティアに来ていた東京の会社員坂井聖美さん(33)は、三階に上がった瞬間、「宝の山だ」と思いました。鉛の活字が好きだったのです。デザイン関係の人々の間では、活字はあこがれの対象になっているそうです。藤澤さんに「譲ってください」と頼みました。

もちろん全部は無理です。初めは気に入った「夢」とか「海」「希」などの漢字を選びました。自分の名前の「聖」という字も入っています。途中から無作為にどんどん土嚢(どのう)袋に詰めていきました。

重さは二十キロ。三千本ほどの活字を東京に宅配便で送りました。ひらがなの五十音のうち「あ」は六個、「か」は五個ありますが、「ぴ」や「ぷ」は一個しかありません。「っ」の促音や「ょ」の拗音(ようおん)に使う活字はありません。

「足りない活字」でした。


◆つながりの大切さを
----------

坂井さんは同僚から銅版画家の溝上幾久子さんを紹介されました。ちょうど英国製の小型活版印刷機を購入したばかりでした。活字を印刷できるのです。

ギャラリー主宰者の武眞理子さんと溝上さんの二人三脚で、詩人の谷川俊太郎さんや作家の多和田葉子さんら十二人のアーティストに活字が足りない状態で詩をつくってもらうことになりました。

何と、谷川さんは作品の題を「たりる」としました。

かけたかつじは

てにひろわれて

あらたなかみに

わがみをゆだね

ことばのはかげに

ひとをいこわせ

あしたをうたう

ほんをゆめみる

不自由であるはずなのに、それを少しも感じさせない調べです。

「震災のボランティアには行くことができませんでしたが、何らかの形でかかわりたかったのです」と谷川さんは語りました。

「自由詩はいくら長く書いてもいいわけです。でも、不安なんですね。入れ物があって、そこに言葉を収めてみたい−。だから、足りない活字に惹(ひ)かれました。数日で言葉ができました。うまくやったぞ、そんな感じですね」

「たりる」という題には、考えさせられます。モノや情報があふれ返っているのに、現代人は「足りない」と思いがちです。

人間が愚かなのは、満足するすべを知らないことかもしれません。

でも、大震災は人々の考え方をも揺さぶったに違いありません。少なくとも科学や技術の限界に気付かされたのではないでしょうか。モノで心を満たす限界を悟った人も多いことでしょう。

人類史は自然災害と重なっていることもあらためて認識させられました。人間は自然界に君臨しているのではなく、その住人にすぎません。それゆえ、いざ災害に遭ったときは、人と人とのつながりの大切さを痛感します。

坂井さんは東京と釜石をつなぐ活動を続けています。東京で干物を味わう会を開いたり、釜石で漁業体験をするイベントなどです。

「足りない活字」を使った十二人の作品は、東京と岩手の展覧会で人々に紹介されました。


◆みんなの幸いを探す
----------

溝上さんは岩手が生んだ宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の一節をこの活字で組んでもいます。

きつとみんなの

ほんとうの

さいわいを

さがしにいく

みんなの幸いを探し、思いを分かち合う行動には心を打たれます。活字はつながって初めて言葉になります。人もつながってこそ、幸せを味わうことができます。「足りない活字」の言葉は、その清々(すがすが)しさを歌っています。
posted by (-@∀@) at 13:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、過去に録画したNHKの未来塾の中で「足りない活字」を見ました。自分も足りない活字で詩(文書)を作ってみたいのですが、『つえる字』を正確に知りたいのですが、録画を一時停止しても8割かたしか読み解けません。
教えていただければ、さいわいです。
 長男が一昨年、仙台に単身赴任で就職しました、東北には思い入れがあります。
Posted by 原 紀美男 at 2016年04月30日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407383630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック