2014年06月14日

[東京新聞] 集団的自衛権 解釈曲げては筋通らぬ (2014年06月14日)

これで筋が通るのか。集団的自衛権の行使を認めるために自民党側が提示した新しい憲法解釈案である。一九七二年の政府の見解を解釈し直したものだが、結論は正反対だ。納得いくはずがない。

新しい憲法解釈案はきのう、安全保障法制をめぐる与党協議会の座長を務める高村正彦自民党副総裁が私案として提示した。公明党との妥協点を探るためだ。

日本に対する武力攻撃があった場合に加えて、他国に対する武力攻撃が発生して「わが国の存立が脅かされ」「国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される」おそれがある場合にも、自衛権の発動として必要最小限度の武力行使が認められる、というものだ。

この新解釈は当時の田中内閣が国会に提出した政府資料の見解を基にしている。高村氏は、集団的自衛権の行使を認める「閣議決定案の核心部分」と位置付ける。

ただ田中内閣の見解は、自衛権の発動は「国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される」急迫、不正の侵害に限られ、他国への武力攻撃を阻止する集団的自衛権の行使は認められないとの結論を導き出している。

過去の政府見解との整合性に配慮するといいながら、なぜ解釈を曲げて正反対の結論を出そうとするのか。到底理解できない。

さらに見過ごせないのは、新解釈に加わった「わが国の存立が脅かされ」と「おそれ」の文言だ。

わが国の存立が脅かされる事態とは何か、明確ではない。それが他国への攻撃であっても、政府が「日本の存立が脅かされ、国民の生存権が根底から覆されるおそれがある」と判断するだけで、集団的自衛権を行使できてしまう。

私たちは過去の戦争の多くが、自国民の保護を名目にした派兵をきっかけに始まったことも、思い起こすべきであろう。集団的自衛権の行使に歯止めを設けたと見せ掛けながら、無制限に拡大していく可能性は否定できない。

安倍晋三首相は高村私案に沿って、来週にも集団的自衛権の行使を認める旨の閣議決定に踏み切る考えを変えていない。

しかし、行使容認を正規の改正手続きでなく、「解釈改憲」で強行する政治手法は限界が露呈している。政府が示した十五事例の検討も十分とはいえない。

最高法規である憲法の平和国家理念を損なわぬよう、集団的自衛権の行使容認という結論ありきで議論を強引に進めてはならない。
posted by (-@∀@) at 13:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 東京新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399432498
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

集団的自衛権:新3要件  「日本への急迫不正の侵害のおそれ」で他国へ武力行使する
Excerpt: 「白馬は馬に非ず」 戦国時代の諸子百家の一人、 公孫竜の唱えた有名な詭弁。 平和主義を唱える日本が 以下のような論法を用いた としたら世界中の人が 詭弁と思うでしょうね。 集..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2014-06-15 01:19