2020年03月06日

[東京新聞] 新型コロナ対策 雇用不安を広げている (2020年03月06日)

新型コロナウイルスの感染対策として安倍晋三首相が唐突に要請した小中高校の一斉休校により、多くの人の就労に支障がでている。解雇の懸念もある。だが、働く人への支援策は後手後手だ。

政権には働く現場への想像力がないのではないか。一斉休校と同時に示すべきだった雇用対策の泥縄式の対応を見ていると、そう思わざるを得ない。

学校現場の混乱に加え、代わりに児童を受け入れる放課後児童クラブ(学童保育)は人材のやりくりに四苦八苦している。放課後からではなく朝から対応しなければならないからだ。

厚生労働省と文部科学省は今週になってやっと、小学校の空き教室を居場所として活用できるよう決めた。

休校で子どもが自宅で過ごすため仕事を休まざるを得ない人への支援が整っていない。

首相は二月二十九日の会見で、休業する保護者の所得減少対策の具体的な内容は語らなかった。

今は、共働き世帯は千二百四十五万世帯と専業主婦世帯の二倍を超える。多くの女性が働く時代だ。「女性の活躍」を重要な政策に掲げる割に目配りが足りない。

厚労省は急きょ、休業する人への助成制度の検討を始めたが、非正規雇用の人も対象にする以外、詳細は決まっていない。

一方で、雇用されていない自営業者やフリーランスは対象外だ。政府は「多様な働き方」の実現も進めているが、これでは働き方の違いで格差がでる。不十分な支援は逆に雇用不安を広げている。

非正規の人は、休校で就労できないと解雇される懸念がある。解雇されると助成制度の対象外になる。短時間労働者だと失業しても雇用保険の失業給付を受けられない場合もある。労働相談に応じている労働組合には既にそうした相談が寄せられているという。

人手不足に陥る職場の対応も課題だ。既に医療機関で看護師が足りなくなる問題がでている。保育所や介護現場なども含め女性職員の多い職場で支障がでている。

人手が足りない職場では過重労働も心配だ。過労対策は欠かせない。人手不足で十分なサービスを受けられなくなる子どもたちや高齢者にもしわ寄せがいくことも忘れるべきではない。

とても感染症対策の「先手」を打っているようには見えない。

今後、感染封じ込めが遅れれば倒産する企業がでかねない。もっと想像力を働かせてほしい。
posted by (-@∀@) at 12:40| Comment(0) | 東京新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[東京新聞] 習氏の訪日延期 焦らず信頼関係醸成を (2020年03月06日)

日中両国は習近平国家主席の訪日延期で合意した。双方とも新型肺炎対策に取り組むことが最優先であり、やむをえない選択だ。成果のあがる訪日となるよう、じっくり準備し仕切り直してほしい。

大阪での昨年六月の日中首脳会談で、習氏が四月にも国賓として初訪日することで合意していた。

だが、新型コロナウイルス感染の発生源となった中国が全力で対策に取り組むべきなのはむろん、日本も小中高校などの全国一斉休校に踏み切るなど厳しい対応を迫られている。

国賓来日の一カ月前までに天皇陛下との会見日程を確定させる慣行もあり、この時期の延期判断になったとみられる。

中国の国家主席では、江沢民氏が一九九八年、胡錦濤氏が二〇〇八年に国賓として訪日している。

今回は、中国主席として十二年ぶりの国賓訪日で、関係改善の基調を本物にする機会として期待されていた。東京五輪後の今秋以降で再調整されるとみられる。

習氏訪日について、安倍晋三首相は延期決定前から記者会見で「十分な成果をあげる必要がある」と強調してきた。

その考えに異論はないが、成果の中身は、日中間の「政治文書」を作成するという形ばかりにこだわるべきではない。

江氏訪日の際、日中は友好協力をうたった「日中共同宣言」、胡氏訪日では戦略的互恵関係を推進する「日中共同声明」を出した。

習氏訪日で、関係改善を象徴する文書ができるにこしたことはない。だが、より重要なのは、今後さまざまな摩擦が生じても、対話を通じて解決できるような首脳同士の信頼関係を築くことである。

国境を超えた対策が肝要な新型肺炎対策で、日中間では相互支援の動きが加速してきた。

初動対応に苦しんだ中国を日本は官民挙げて支援した。逆に、日本で感染が拡大した二月末に来日した楊潔〓共産党政治局員は、日本政府に防護服五千着とマスク十万枚を提供すると表明した。

仕切り直す習氏訪日は、醸成されてきた協力や支援の動きを、逆流しない力強い流れとする政治的な節目としてほしい。

中国公船による尖閣周辺海域への侵犯や、香港や少数民族自治区での抑圧など、中国の強権的なふるまいには依然問題が多い。

日中が懸案からも目をそらさず、信頼を基礎に率直に直言しあえる一歩にすることが、まさに真の「成果」と言えよう。

※〓は、竹かんむりに、厂(がんだれ)、下に虎
posted by (-@∀@) at 12:40| Comment(0) | 東京新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする