2020年02月13日

[東京新聞] 日鉄製鉄所閉鎖 雇用への配慮を手厚く (2020年02月13日)

日本製鉄が呉製鉄所(広島県)の全面閉鎖を発表した。巨額赤字が見込まれる中、異例の措置に踏み切った。鉄鋼メーカーは地域経済の担い手でもあるだけに、雇用面での配慮を強く求めたい。

呉製鉄所は日鉄が傘下に収めた旧日新製鋼の生産拠点で、一九五一年に建設された。計画によると二〇二三年九月に閉鎖となる。

日鉄は二〇年三月期決算で四千四百億円の赤字に転落する。生産拠点の集約化によるコスト削減に追い込まれたとみていいだろう。

まず指摘したいのは、巨大工場を持つ鉄鋼メーカーは、自動車産業と並んですそ野が極めて広いという点だ。自治体への法人税納付だけでなく、雇用やさまざまな取引で地域の暮らしを支える柱だ。

呉製鉄所も関連企業を含め約三千人の従業員が働く。さらに広島県内だけで百社を超える取引企業がある。閉鎖後、影響を受ける人々の数は、働き手の家族も含めれば膨大な数に上るはずだ。

企業の生き残りに向けた合理化策の実施はある程度理解できる。しかし、雇用面で最もしわ寄せを受けるのは現場で働く人々だ。非正規の従業員も含め、可能な限り手厚い配慮を期待したい。

業種は違うが、日産村山工場(東京都武蔵村山市など)がゴーン前会長の決断で閉鎖された際、地元は大きな影響を受けた。従業員たちが通っていた商店の多くが廃業し、街並み自体が変わった。

呉製鉄所の場合も従業員が利用する飲食店やスーパー、理容室、ガソリンスタンドなど、街全体が影響を受けるだろう。地元を救うため県や市も協力して知恵を絞ってほしい。

今回の閉鎖決定の背景に、中国メーカーとの厳しい競争があるのは間違いない。かつて日鉄が技術指導した宝武鋼鉄集団など中国の鉄鋼産業は、粗鋼生産ベースで世界トップだ。日鉄は世界三位を保っているがじり貧状態が続く。

さらに米中貿易対立の影響などで中国市場自体の需要が低迷し、鉄鋼産業の先行きも不透明だ。新型肺炎の影響も出てくるだろう。

今後、業界トップ企業の厳しい合理化策が、国内の他メーカーに波及する恐れは否定できない。国内の鉄鋼業界で働く人は約二十万人だ。ここは経済産業省を軸とした行政面でのフォロー、金融界による財務面での支えなど、官民一体の支援体制を早急に強化すべきだろう。
posted by (-@∀@) at 12:40| Comment(0) | 東京新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[東京新聞] 新型肺炎とデマ 偏見の拡大は防がねば (2020年02月13日)

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大は、デマも広げている。感染症への過剰反応は不安をさらに大きくし偏見や差別を生みかねない。「正しい知識で正しく怖がる」心構えを持ちたい。

感染症はデマやうわさが出回りやすい。ウイルスは未知の存在でしかも目に見えないからだ。だが、放置すれば社会の混乱に拍車をかける。

SNSなどインターネット環境の進展でデマも瞬時に世界を駆け回る。二〇〇二年に発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)や〇九年の新型インフルエンザの流行時とそこが大きく違う。

だからこそ、デマなどに惑わされないことが重要になる。

だが、既にさまざまなデマが拡散されている。「熱とせきがあった中国人観光客が関西空港から病院に搬送され、検査前に逃げた」

こんな情報がツイッター上に投稿された。大阪府の吉村洋文知事は「デマだ」と否定した。差別に基づくデマは許してはならない。

感染症に対する不正確な理解は子どもたちにも影響する。中国・武漢市からチャーター機で帰国し、感染が確認された邦人を受け入れた千葉県鴨川市の病院の職員から「子どもがいじめられている」と相談があったという。

鴨川市教育委員会が市内の小中学校で実施したアンケートでは、「コロナ(ウイルス)にかかっている」などとからかわれたケースが五件確認された。病院関係者であることを理由とするいじめは確認されなかったが、いじめや差別の拡大は心配だ。学校関係者は知識の普及と子どもたちの様子に注意を払ってほしい。

海外では中国人への差別など反中感情が広がる。フランスではベトナム人女性が車の運転手から罵声を浴びせられたといい、アジア人にも影響が及んでいる。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客が、乗客全員の検査を求めた。乗客本人や下船後の周囲の不安を思えば当然だろう。政府は乗客乗員全員の検査を検討すべきだ。

今後は、武漢市から帰国した邦人らが健康観察期間が終わり順次社会に戻る。迎える側も安心して支えられるよう感染症への正しい知識を得たい。厚生労働省や国立感染症研究所などがホームページで提供している。厚労省は電話相談窓口も設置した。活用したい。

感染力が弱いにもかかわらず隔離政策が続いたハンセン病の教訓を忘れたくない。
posted by (-@∀@) at 12:40| Comment(0) | 東京新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[産経新聞] 【主張】中国と新型肺炎 尖閣で挑発している時か (2020年02月13日)

新型コロナウイルスによる肺炎拡大が続く中国が、東シナ海で日本や台湾を挑発している。

世界と協力して新型肺炎を封じ込めなくてはならないときに、中国は何をしているのか。

無神経な振る舞いを直ちに改めるべきだ。

中国海警局の公船4隻が11日連続で、尖閣諸島(沖縄県)周辺の日本領海外側の接続水域を徘徊(はいかい)している。うち1隻は機関砲のようなものを搭載していた。海上保安庁の巡視船が領海に近づかないよう警告し、監視を続けている。尖閣諸島は日本の島である。中国公船はすぐさま立ち去ってもらいたい。

9日には、中国軍のH6爆撃機4機が先島諸島南方の太平洋上から、沖縄本島・宮古島間の宮古海峡上空を通過して大陸方面へ飛び去った。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。H6爆撃機は、対地攻撃可能な巡航ミサイルを搭載していた。沖縄が射程内にあるのは明らかだ。

台湾への挑発も露骨である。

9、10日の2日連続で中国軍のH6爆撃機やJ11戦闘機などが台湾を周回飛行した。10日には爆撃機の護衛機が台湾海峡の中間線を越え、台湾本島側に侵入した。

台湾で対中政策を担う大陸委員会は、新型肺炎対応に集中せよと中国を批判した。蔡英文総統もフェイスブックへの投稿で、新型肺炎が大流行中に中国が軍を動かすことは「無意味なだけでなく不適切」だと指摘した。

どのような場合でも挑発行為は認められないが、国際協力が必要である今は、なおさら不適切といえる。安倍晋三首相や茂木敏充外相は台湾にならって、中国政府にくぎを刺してもらいたい。

新型肺炎の感染者と死亡者は中国で増加の一途をたどっている。日本など世界は中国の人々に支援の手を差し伸べている。

日本のドラッグストアなどには「武漢、加油(がんばれ)」と書かれた紙が貼られ、日本の官民からはマスクや防護服などの医療物資が送られた。中国外務省報道官は記者会見で、日本の支援に感謝の意を表明している。

習近平国家主席は感染予防と抑制は「人民戦争」だと述べ、危機感をあらわにしている。中国の軍や海警局の東シナ海での行動は国際協力に基づく新型肺炎との戦いに水を差すだけだ。習主席は挑発の中止を命じるべきである。
posted by (-@∀@) at 12:30| Comment(0) | 産経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[産経新聞] 【主張】野村克也氏死去 「語り部」の喪失を惜しむ (2020年02月13日)

野球評論家の野村克也さんが亡くなった。84歳だった。

戦後初の三冠王で「生涯一捕手」として通算試合出場数、通算安打、通算本塁打、通算打点は全て歴代2位である。

監督としてはヤクルトを率いて3度の日本一に輝き、阪神、楽天では後任の制覇へ土台を築き上げた。監督通算1563敗は歴代1位だった。

球歴は燦然(さんぜん)と輝くが、ファンにとってより身近な存在であったのは、テレビ中継の解説や、サンケイスポーツ紙上での評論、150冊に及ぶ著書などを通じた「野球の語り部」としてである。

野村さんの言葉によって、野球の魅力や深みが存分に語られてきた。時にそれらは野球界の枠組みを超え、経営指南や人生哲学の書としても読まれてきた。

野村さんは監督時代のID野球に代表される知の人であると同時に、情の人でもあった。付け加えれば「言葉の人」でもある。

現役時代はキャッチャーボックスでのささやきで打者の集中力を乱し、指導者としては言葉で多くのベテラン選手を再生した。テレビ解説ではストライクゾーンを9分割した「野村スコープ」で配球の妙を語りつくした。野球に派生する多くの名言は「野村語録」として記憶に刻まれている。

有名な「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は江戸時代の大名、松浦静山の剣術書「剣談」が出典である。

阪神から南海にトレードされ、先発完投型に固執する江夏豊投手をリリーフに転向させたのは、野村さんの「2人で野球界に革命を起こそう」の一言だった。

豊富な語彙力と相手に応じて使い分ける当意即妙ぶりが「語録」の説得力を支えていた。

「野村スコープ」の解説では、「視聴者をキャッチャーボックスに座らせた」と評された。現役を引退した星野仙一さんが「それなら俺は皆さんをマウンドに上げてみせる」と対抗心を燃やすのを聞いたことがある。

こうして球界のOBらが言葉で野球を盛り上げてきた。その代表格だった野村さんが逝き、星野さんも平成30年に亡くなった。

野球人口の減少が嘆かれて久しい。それは少子化のスピードを超えて進んでいる。そんな風潮に待ったをかける、「語り部」の後継に期待をかけたい。
posted by (-@∀@) at 12:30| Comment(0) | 産経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[毎日新聞] 北村氏の迷走答弁 閣僚は無理だったのでは (2020年02月13日)

「適材適所」という言葉が再び、むなしく響く。安倍晋三内閣で公文書管理を担当する北村誠吾地方創生担当相がしどろもどろの国会答弁を繰り返し、混乱を招いている。

安倍首相はきのうの衆院予算委員会で北村氏について「しっかりと任務を果たしている」と語り、続投させる考えを示したが、深刻な状況が分かっていないのではないか。

これまで北村氏は、「桜を見る会」の推薦者名簿の保存期間が各府省によって異なる点に関し、何を質問されているのか理解できていないと思われる答弁を続けて審議が再三中断。官僚が手助けしても用意された文書を読み間違えることもあった。

あわてた与党は内閣府の官僚を政府参考人として答弁させることを強引に決めた。この結果、きのうは官僚がまず答え、北村氏が「今の説明の通り」と述べる場面があった。

一連の政治改革で、閣僚に代わり官僚が答弁する政府委員制度は廃止され、閣僚答弁が原則となった。「政治主導の国会」という当時の目的はもはや忘れ去られているようだ。

森友・加計問題をはじめ、公文書の管理は安倍内閣が問われ続けてきた重大な問題だ。「桜を見る会」の疑惑でも、政府が提出した関連文書の一部が白塗り加工されるなど、情報隠しが焦点の一つとなっている。

「特命担当相」と聞けば、その分野の専門家が就くと誰でも思うはずだ。しかし北村氏が公文書問題に精通していたとは到底思えない。

年功序列だったのか、自民党の派閥の推薦だったのか。そもそも北村氏を公文書管理担当にすること自体、この問題を軽んじる首相らの姿勢を如実に物語っている。

前改造内閣で五輪担当相を辞任した桜田義孝氏を思い出す。北村氏と同様、国会でまともな答弁ができず、大きな批判を招きながら、首相は放置し、その後、パーティーの席での失言を理由にようやく更迭した。

昨秋の内閣改造で北村氏が初入閣した当初から、地方創生関連の政策を含めて「答弁は大丈夫か」と不安視する声が自民党内にもあった。桜田氏の人事をまるで反省していなかったということだ。

閣僚の資質に目をつぶり、新年度予算案の成立を急ぐばかりでは安倍政権はさらに信用を失うだろう。
posted by (-@∀@) at 12:20| Comment(0) | 毎日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[毎日新聞] 韓国映画にオスカー 米国的価値観を動かした (2020年02月13日)

変化のうねりを感じさせる出来事だ。韓国の格差社会を題材にしたポン・ジュノ監督による映画「パラサイト 半地下の家族」が、米映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞作品賞に選ばれた。

娯楽性のある大作が好まれ、ハリウッドのための映画賞だと長年言われてきた。92年に及ぶ賞の歴史において、英語以外の作品が作品賞を受賞したのは初めてだ。

全員失業中で半地下に暮らす貧しい一家が、高台の豪邸に住む一家に、次第に寄生していく。しかも驚くべき展開が仕掛けられている。

格差の広がりを痛烈に批判しながらも、ブラックコメディーとして娯楽性もある作品だ。

韓国ではメッセージ性の強い作品を作る土壌があった。政府も映画製作の支援に力を入れている。ただ、米国では字幕の障壁は高かった。

しかし、全米で3館から始まった上映は1000館を超え、外国語映画として異例の大ヒットとなった。

米国の観客を引きつけたのは、作品の面白さと相まって、強烈なメッセージが、普遍的なものとして心に刺さったからではないか。

舞台こそ現代の韓国だが、格差や分断は韓国や日本のみならず、トランプ政権下の米国も抱える痛みだ。

ハリウッドはスクリーンを通して、繁栄や夢など米国的価値観を体現してきた。その象徴的な賞が、韓国の社会派映画に与えられたのは、今や無視することのできないテーマであるからなのだろう。

近年、社会問題に切り込むメッセージ性の強い映画の存在感が増している。

「パラサイト」と作品賞を争い、主演男優賞を受けた「ジョーカー」は弱者がうとまれる社会のゆがみをアメリカンコミックの悪役に託した。日本でも格差を描いた是枝裕和監督の「万引き家族」が一昨年、カンヌ国際映画祭で最高賞を受けた。

しかし興行的な面でいえば、日本では定番のアニメやディズニー作品が上位を占める。社会派の作品は商業的な成功がなかなか見込めないのが現状だ。

それでも社会性の強い作品作りをしている映画人は少なくない。「パラサイト」の快挙は、日本映画界の背中を押してくれるはずだ。
posted by (-@∀@) at 12:20| Comment(0) | 毎日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[読売新聞] 野村さん死去 野球の面白さを教えてくれた (2020年02月13日)

選手や監督、評論家として、野球に生涯関わり続けた野村克也さんが、84歳で亡くなった。球史に大きな足跡を残した人生だった。

甲子園とは無縁の京都府の公立高校から1954年、南海(現ソフトバンク)にテスト入団した。3年目で正捕手となり、本塁打王9回、打点王7回などと活躍した。戦後初の三冠王にも輝いた。

「人目につかない所できれいに咲く月見草もある」。王貞治さんに次ぐ600号本塁打を放ったインタビューで、王さんや長嶋茂雄さんをヒマワリに重ね、自分を月見草にたとえた。

当時のパ・リーグはテレビ中継も少なかった。注目されないことに対する反骨心が、活躍の原動力となったのだろう。

特筆されるのは比類なき研究心である。相手投手のくせを分析し、配球を予想して打撃に生かした。捕手として、盗塁王の常連だった福本豊さんの足を封じるため、投手が小さなモーションで投げるクイック投法を編み出した。

若くして選手兼任監督を務め、南海を去った後も、「生涯一捕手」をモットーに、2球団で45歳までプレーした。通算本塁打数、安打数など歴代2位の記録が多かったのも月見草の野村さんらしい。

評論家になってからは、1球ごとの配球の意味を分かりやすく解説した。野球の奥深さに触れたファンは多かったに違いない。

野村さんが選手時代にも増して輝いたのは監督の時だった。

非力なチームでも、戦略を練れば勝てるという哲学に基づいて、データを重視するID野球を実践した。低迷を続けていたヤクルトを3度の日本一に導いた。

阪神や楽天も指揮し、他球団で戦力外となった選手に新たな活躍の場を与え、復活させた。その手腕は「再生工場」と呼ばれた。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」。監督時代に好んで口にした江戸時代の格言には、失敗から学ぶべきだという教訓が込められていた。

多くの経営者が野村さんに魅了されたのは、監督としての人材活用術や考え方に企業経営のヒントを見いだしたからではないか。

今の球界では、現役時代に野村さんの薫陶を受けた監督が6人を数える。野球界に多くの人材を残した功績も大きい。

昨年には400勝投手の金田正一さんが亡くなった。寂しさを禁じ得ないが、野村さんや金田さんのような個性的な選手が、一人でも多く育つことを期待したい。

無断転載禁止

* twitter

* facebook

* line

* mail
posted by (-@∀@) at 12:10| Comment(0) | 読売新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[読売新聞] 偽ニュース拡散 IT企業は自ら対策に動け (2020年02月13日)

フェイク(偽)ニュースや出所不明のデマがネット上で流通・拡散するのを防ぐ。その重要性をIT企業は認識し、対応を急がねばならない。

総務省の有識者会議は、偽ニュース対策を盛り込んだ最終報告をまとめた。「政府の介入は極めて慎重であるべき」だとして、SNSなどの運営事業者に自主的な取り組みを促した。

「表現の自由」を守るために、政府による規制は極力避け、まずはIT企業側がチェック体制を強化すべきである。最終報告の方向性は適切だろう。

新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、ネットでは不確かな情報が出回った。過去には偽ニュースや偽動画が米国の大統領選などにも影響を及ぼしたと言われる。

正確で信頼できる情報は民主主義の基盤だ。国民が判断を下すうえで欠かせない。IT企業はネット空間の信頼性を保つ社会的責任の重さを自覚してもらいたい。

最終報告は、関係者で構成するフォーラムの創設を提唱した。IT企業だけでなく、幅広いメディアや専門家らが最新の情報を共有する意義は小さくない。対策作りへ知恵を出し合いたい。

SNSは利用者が容易に書き込みができ、偽ニュースが拡散しやすい。手口は巧妙化している。

IT企業は通常、自社のSNSなどの情報を監視するため、AI(人工知能)を活用している。少なくとも、大衆の扇動や攪乱(かくらん)を狙った偽ニュースや明らかなデマの排除には有用と言えよう。

ただ、判断をAI任せにするのは危うい。真実性の見極めが難しいものは多く、正しい情報まで削除する可能性は十分あり得る。

IT企業は、どのような考え方に基づいてAIが判断しているのか、ニュースの表示順位をどういう基準で決めているのか、といった点を公表すべきだ。ニュースの恣意(しい)的な選別につながらぬよう、透明性の向上が不可欠である。

グーグルやフェイスブック、ツイッターのような海外企業には、技術的な問題を含め、外部からの苦情・指摘に責任を持って対応できる体制の整備も求められる。

最終報告は、情報を読み解く力「情報リテラシー」の重要性にも言及した。SNS上などに流れる情報は玉石混交だ。利用者は、真偽不明の情報が多く含まれることを肝に銘じておく必要がある。

ネット情報をうのみにせず、出所を確認したり、信頼に足る資料まで遡って調べたりする。こうした基本動作を習慣づけたい。

無断転載禁止

* twitter

* facebook

* line

* mail
posted by (-@∀@) at 12:10| Comment(0) | 読売新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[朝日新聞] ノムさん死去 月見草の知的な野球術 (2020年02月13日)

あのぼやき節をもう聞けないことを残念に思う人は多いだろう。球界に大きな足跡を残して野村克也さんが亡くなった。

契約金ゼロのテスト生から戦後初の三冠王に輝いた。脚光を浴びる長嶋茂雄さんや王貞治さんをヒマワリに、当時は人気薄だったパ・リーグに所属する自らを月見草にたとえた。対抗意識と尽きぬ向上心、鋭い観察・分析力が持ち味だった。

指導者としての力量も傑出していた。3度日本一に導いたヤクルトを含め、低迷するチームの再建に尽力した。監督としての最多敗戦数1563は、勝利数1565とともに勲章だ。社会人野球の監督も務めた。

「野球は頭のスポーツ」が信念で、精神主義や根性論を排した。データをまとめ、膨大な数字の集積から相手の一歩先をいくことを心がけた。

「くさいところを攻めろ」といった、どうすればいいのか実は分からないことを言う監督は多い。野村さんは違った。

「1球目はこう、2球目はこう。3球で勝負。それで打たれりゃ、しゃあない」。明確に指示を与え、責任を引き受ける。問われれば、打者心理を含めて理由をしっかり説明する。薫陶を受けた古田敦也さんは、日本を代表する名捕手となった。

その眼力は、選手の隠れた力を引き出すときに一層さえた。くすぶる選手をよみがえらせ、「再生工場」と呼ばれた。

南海の監督当時、血行障害で長いイニングを投げるのが難しくなった江夏豊さんを、リリーフに転向させたのが始まりだ。先発完投が理想だった時代に、実績がありプライドをもつ江夏さんに理を説き、「配置転換」を納得させ、プロ球界が分業制に移行する契機となった。

失敗もあった。ヤクルトを率いて初の日本一になった93年、前半の快進撃を支えたのは新人投手の伊藤智仁さんだった。だがひじと肩を痛め、選手生命を縮めることになった。

フォームに改良の余地があると思いつつ、疲れがあっても我慢してしまう生真面目な1年目の選手を使い続けたことを、野村さんは深く悔いた。その後、選手一人ひとりの性格にまで分け入って個性を伸ばす指導は、さらに深化したように見えた。

野村さんが人気を集めた理由には言葉の豊かさもあった。多くの本を読み、ときに古典を引用しながら、選手の感覚や思考を平易な言葉で伝える解説は秀逸だった。野球の新たな楽しみ方をファンに教えてくれた。

今や日本代表チームを始め、各球団の監督・コーチに野村さんの指導を受けた世代が名を連ねる。先達がまいた種を、大きく、豊かに育ててもらいたい。
posted by (-@∀@) at 12:00| Comment(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[朝日新聞] 荒涼たる国会 安倍首相の責任は重い (2020年02月13日)

安倍首相の居丈高な反論やヤジ、しどろもどろの閣僚答弁……。建設的な議論を通じて、よりよい結論を導きだす。そんな「言論の府」のあるべき姿からほど遠い光景が続いていることに暗然とする。

内外の諸情勢などをテーマに、衆院予算委員会の集中審議がきのう開かれた。首相が出席する衆参の予算委は今国会で9日目となる。論戦から逃げ回っていた昨年の臨時国会とは大違いだが、立法府をないがしろにする姿勢は変わっていない。

それを如実に示したのが、立憲民主党の辻元清美衆院議員に対し、首相が自席から放った「意味のない質問だ」というヤジだ。辻元氏は質問の最後に、「桜を見る会」や森友・加計問題への官僚の対応を取り上げ、「鯛(たい)は頭から腐る。上層部が腐敗すると残りも腐る」などと締めくくった。首相のヤジはその直後に飛び出した。

ヤジを認めた首相は、反論の機会もなく「罵詈雑言(ばりぞうごん)」を浴びたので「こんなやりとりじゃ無意味」「当然そう思う」と悪びれた様子もなかった。批判を受け止める懐の深さや、説得力のある言葉と論理で対抗しようという冷静さは感じられない。

そもそも、桜を見る会をめぐる一連の疑惑について、首相はこれまで、野党の質問に正面から答えておらず、こじつけやはぐらかしが際立っている。

きのうは、野党議員の質問を根拠がないとウソ呼ばわりした先週の答弁について、すでに発言は撤回しており、謝罪の必要はないと拒否した際、「非生産的な、政策とは無縁のやり取りを長々と続ける気持ちは全くない」と付け加えた。

しかし、この問題に区切りがつかないのは、首相が自らの主張を裏付ける資料を示さず、廃棄したとされる招待者名簿などの再調査を拒んでいることに原因がある。新型肺炎が拡大するなか、野党は疑惑追及一辺倒だと世論に印象づけるねらいがあるとすれば、姑息(こそく)である。

政府が国会への説明責任を軽んじ、論戦が深まらないというのに、仕切り役の棚橋泰文衆院予算委員長が職責を果たしていないのも問題だ。

質問者が首相の答弁を求めているのに他の閣僚を指名するなど、これまでも政府よりの采配が目立ったが、きのうは辻元氏への首相のヤジに野党が反発して騒然となるなか、強引に議事を進めようとした。

首相への批判を根拠も示さず「無意味」と決めつけたヤジは、行政監視を担う立法府への冒涜(ぼうとく)でもある。棚橋氏は自民党所属の衆院議員であるが、言論の府にふさわしい論戦を実現する責任に与党も野党もない。
posted by (-@∀@) at 12:00| Comment(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする